2010年11月19日

紅葉02:イロハモミジその後

前回、紹介させていただいたイロハモミジですが、
(前回はこちら)

益々赤く染まってきました!

kou06.jpg 事務所前のイロハモミジ02

kou07.jpg 赤いお手手モミジ

和歌山日赤病院前・中央通りも、街路樹が赤く紅葉しています。
今日は、特にお天気もよく青い空に映えますね。

<イロハモミジ>カエデ科カエデ属の落葉高木。



写真はないのですが、今日仕事で通りがかった邸宅のモチノキが茂って見事でした。

この季節になると赤い実を沢山つけていて、にぎやかです。赤い実がなんとも、12月のクリスマスを思い起こしますし。

日本庭園だけでなく、「レンガの塀が似合う邸宅」にシンボルツリーとして植えるのもオススメします!


<モチノキ>モチノキ科。常緑高木。雌雄異株。開花期は春、花弁はうすい黄色。晩秋に赤い果実がつく。


最後にもう一枚
hebi.jpg ヘビイチゴ

事務所の一角でグランドカバーのように茂っています。(赤いイチゴ実が可愛らしい)
名前は、『ギョ!』っとされる方もいるかもしれませんが、

一説によると、

「 イチゴを食べにくる小動物を蛇が狙う為 」

ヘビイチゴという名前を付けられたようです。(いろいろな説があります)
実際は、毒もないですし、味もなく美味しくは無いようです。。


<ヘビイチゴ>バラ科ヘビイチゴ属。


身近に季節を感じるものがあると、より日々が豊かに感じます。



WEB担当:山東由記
造園・土木・外構・設計施工 山樹ホームページ
posted by 山樹 web担当 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41774458
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック