2011年02月19日

今日の花:マホニアコンフーサ

こんにちは!
春が近づいてきたのか、ファンヒータのスイッチを入れる回数が減ってきました。
久々にファンヒータを付けると喉が乾燥してしまうので、遅れながらも加湿器が必要かと悩んでいるところです。。。

今日は、マホニアコンフーサを紹介いたします。

maho01.jpg (写真:赤葉の植物はオタフクナンテンです)

写真のマホニアコンフーサは50センチのものです。
大きくなっても1メートルほど。

オタフクナンテンと共に鉢植えにしました。
2色の葉色が楽しめて和風な玄関にも、モダンな玄関にも似合います。

maho04.jpg マホニアコンフーサの実

紫っぽい実が可愛らしくついていました。
冬場に黄色い花を付けた後にこのような実をつけます。(注:花がつく場合とつかない場合があります)


maho02.jpg

こちらは先日の植込時に 使用した約30センチのものです。

この大きさのものも、1年ほど経つと下の写真のような大きさになります。(写真:右)

maho05.jpg 施工例01

場所が良かったのか、20センチほど高くなりました。
一日3時間ほどしか日が当りませんが、マホニアコンフーサは日陰にも強い樹木なので安心して育てられます。

元から植わっていたヤツデの足元に、水鉢を置き、その周りを御影石柱で囲みました。
夏場、水鉢で泳ぐ金魚を眺めるのが涼しげです。

maho03.jpg 施工例02

鬼門(北東)、裏鬼門(西南)によくナンテンを植えるということがありますが、
洋風のお庭に合わないことがあるので、ヒイラギナンテンの仲間のマホニアコンフーサを入れることもあります。


写真右:<マホニアコンフーサ> メギ科 ヒイラギナンテン属 常緑低木  
写真左:<ヤツデ> ウコギ科 常緑樹

WEB担当:山東由記
造園・土木・外構・設計施工 山樹(やまき)ホームページ
posted by 山樹 web担当 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植木・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43447343
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック